大切なものは/日々の中に/陽と月の下に      


by 詩生 shio

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

おしらせ
days
scenery
ayurveda
favorite
cooking
Cafetalk

以前の記事

2017年 09月
2017年 04月
2017年 03月
more...

記事ランキング

最新のコメント

>月音 ありがとう。 ..
by sanctuarys at 22:21
この話が本当に好き。 ..
by 月音 at 21:54
>月音 メリークリスマ..
by sanctuarys at 16:23
メリークリスマス! 久..
by 月音 at 22:00
体調が落ち着いてきたので..
by 月音 at 17:29

ライフログ


Love


Waiting for Spring


The Snowman (Book & CD)


The Melody At Night, With You


トムテ


You've Got Mail: Music From The Motion Picture

検索

タグ

(43)
(20)
(12)
(10)
(8)
(7)
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

変化

e0040906_10063439.jpg
少しの間に様々のことがあった。
気になりながらも書けなかった。
時間的に慌ただしかったのもあったが、
放置していたのでなく書く必要がなくなってしまったというか。

友人の言葉にその答えを見つけ、それを借りると、
敢えてここで自分を表現する必要がなくなってしまった気がした。

閉じてしまおうかとも思ったが、急ぐこともなく、
覚書の場所としていこうと思う。

世界は儚く美しい。
生きている間を十分に生きることが、
生まれてきた意味なのだろうと思いつつ。

[PR]
# by sanctuarys | 2017-09-26 10:30 | scenery | Comments(0)

春の夕暮れ

e0040906_18335740.jpg
  自然界の秩序と 人間の思考の秩序は
  本質的に同じではないか
    クロード・レヴィ=ストロース「野生の思考」 より

春の夕暮れの肌寒さの中で、新緑の木々を見ていると美しくて
あたたかい気持ちでひと時ぼんやりしてしまう。

[PR]
# by sanctuarys | 2017-04-21 19:04 | days | Comments(0)

誰が何と言おうと

e0040906_16025005.jpg

 ♪ Be yourself no matter what they say 
  誰が何と言おうと 自分らしくあることだ

         ' Englishman in New York ' / Sting より

[PR]
# by sanctuarys | 2017-04-18 16:12 | days | Comments(0)

花びらのたび

e0040906_22062345.jpg
桜が散っている。
桜吹雪はひとときの雪のよう。
風が強ければ多く散るというのでもないようだ。
何の加減かふわりと吹き抜けるような風が吹く時、花びらが舞う。

浜田広介の童話に「花びらのたび」というお話がある。
子どもの頃、家族向けの音楽会に連れて行ってもらい、
冒頭に朗読があって、初めてその物語を聞いた。
桜の花びらが風に散り、川を流れて海まで旅をして目を閉じるというお話。
子どもの頃に聞いたせいか散る桜を見る時、花びらの気持ちを思ってしまう。
昨夜の雨で、多くの花びらは雨と一緒に地面に帰るだろう。

桜が咲いたら種まき、と言う。
花が散るひとときの寂しさと次の始まりを思いながら。
e0040906_22064261.jpg
e0040906_22060478.jpg

[PR]
# by sanctuarys | 2017-04-16 22:27 | days | Comments(0)

e0040906_17434570.jpg
熱を出して10日ほど寝込んでいるうちに、桜は満開を迎えた。
庭の山桜が今年はよく咲いた。
しっかり根付いたんだなとうれしくなる。

窓から見える桜並木も、
久しぶりに出かけた先で見かけたあちこちの桜も、
どれも美しくてじんと心に染みる。
やさしい木だなとつくづく思う。

[PR]
# by sanctuarys | 2017-04-13 18:02 | days | Comments(0)